中経出版

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

一般書
著者 :
涌井 良幸・涌井 貞美
本体価格:
648 円+税
ページ数:
288
初版発行:
2013-06
ISBN:
978-4-8061-4802-9
ジャンル:
シリーズ:
大好評既刊「身のまわりのモノの技術」待望の続編。前作同様、さまざまな“モノのしくみ”を図解で解説しています。しくみがわかると、そのモノへの愛着が増し、それらに囲まれた生活が楽しくなります。何気なく手にしたモノが、興味の対象に変わるからです。本書を通じ、科学の粋を集めた身近なモノたちの“すごさ”をとくと堪能してください!
著者紹介

涌井 良幸・涌井 貞美(わくい よしゆき・わくい さだみ)
良幸/1950年、東京都生まれ。東京教育大学(現・筑波大学)数学科を卒業後、千葉県立高等学校の教職に就く。現在は高校の数学教諭を務める傍ら、コンピューターを活用した教育法や統計学の研究を行なっている。
貞美/1952年、東京都生まれ。東京大学理学系研究科修士課程を修了後、富士通に就職。その後、神奈川県立高等学校の教員を経て、サイエンスライターとして独立。現在は書籍や雑誌の執筆を中心に活動している。
共著に『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』(中経出版)、『多変量解析がわかる』(技術評論社)、『Excelでスッキリわかる ベイズ統計入門』(日本実業出版社)、『困ったときのパソコン文字解決字典』(誠文堂新光社)、『パソコンで遊ぶ数学実験』(講談社)などがある。

目  次

 第1章 家電に見るモノの技術
 第2章 乗り物に見るモノの技術
 第3章 暮らしに見るモノの技術
 第4章 実用アイテムに見るモノの技術
 第5章 インフラに見るモノの技術

編集者からのおすすめコメント

大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編! 
「日頃よく使っているモノ」あるいは「意識しなかったけど、じつは身近にあるモノ」などに活かされている“技術・しくみ”について、豊富な図版をまじえながらシンプルに解説する本。
モノの技術やしくみが少しでもわかると、そのモノへの愛着と興味が増し、何気なく手にしたり触れたりするモノが、より身近になります。
本書を通じて、「科学技術の結晶」たちのスゴ技を、とくと堪能してください!